Jahshaka

マルチプラットフォームで使えるオープンソースの無料ビデオ編集ソフト

Jahshaka(ジャーシャカ)は、WindowsやMacなどのプラットフォームで使用できるオープンソースの本格動画(ビデオ、映像)編集ソフトです。映像の加工や合成、様々なエフェクト(映像効果)も加えられるため、本格的な映像編集を行うことができます。特にエフェクトの作成機能などに特徴があり映像制作の上級者が新たに映像効果やエフェクトを加えたいときなどに便利です。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 本格的なエフェクトなどを加えられる無料映像編集ソフト
  • オリジナルのアニメーションやエフェクトを作ることができる
  • 動画データや3Dデータなどを読み込んで編集作業が行える

反対票

  • オープンソースであるためシステムが不安定
  • すでに開発が終了しており、バージョンアップがない
  • 編集操作がわかりにくい

6

Jahshaka(ジャーシャカ)は、WindowsやMacなどのプラットフォームで使用できるオープンソースの本格動画(ビデオ、映像)編集ソフトです。映像の加工や合成、様々なエフェクト(映像効果)も加えられるため、本格的な映像編集を行うことができます。特にエフェクトの作成機能などに特徴があり映像制作の上級者が新たに映像効果やエフェクトを加えたいときなどに便利です。

Jahshakaでは、MOV、WMV、RM、などの動画データはもちろん、SWFや3Dの画像データもインポートして、編集・エフェクト処理を行えます。動画や静止画を使ったアニメーション、エフェクト処理、編集、ペイントなどが可能です。使い方はまずプレビューモニター下部にある「Load」ボタンを押しPC内の画像や動画を読み出します。これらの読みだしたファイルを「Play」で再生したり、映像編集を行ったり、「Animation」ボタンでアニメーションの作成や追加を行うことができます。

Jahshakaは、映像編集以外にエフェクトやアニメーションをオリジナルで作成できることが特徴です。映像に「Add layer」でレイヤーを加え3Dの物体や文字を加えることができます。さらに「EFFECTS」による色の輝度や彩度を変更することができることから、自由にオリジナルのアニメーションを作成し、映像作品に組み込むことができます。

Jahshakaはオープンソースであるためシステムに不安定なところがあり、強制終了などが頻繁に発生します。またすでに開発が終了しているためバージョンアップがないところが残念なところです。そのほかアニメーションやエフェクトをオリジナルで作成できる点が魅力ですが、映像編集そのものは使い方が難しく操作に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。簡易な動画編集ソフトのWindows Live ムービー メーカーVideoPadビデオ編集ソフトウェアなどと組み合わせて使うことも検討してみるといいでしょう。

Jahshakaは、オープンソースの無料ビデオ編集ソフトです。オリジナルエフェクトやアニメーションの作成時に力を発揮することでしょう。

Jahshaka

ダウンロード

Jahshaka 2.0